まずは肌の構造を知る


ニキビはなぜできるの?


まずは肌の構造を知る

ニキビを根絶するためには、ニキビの成り立ちを知らなくてはなりません。
その前に、まずは肌についてお話ししましょう。

私たちの肌=皮膚は、外界からの刺激や内臓を守る大事な役割を持っています。
また、体内の老廃物を排除する手助けをするほか、感覚という重要な人間の知覚までも担(にな)っています。
具体的に挙(あ)げると、以下に大別できます。

・紫外線や雑菌から体を守る。
・外部からの衝撃を和らげる。
・皮脂や汗によって老廃物を排出する。
・体温を保ち調節する。
・体内の水分の蒸発を防ぐ。
・感触、触覚を司(つかさど)る。
・ビタミンDを合成する。

皮膚の3層構造

皮膚は大きく分けて、「表皮」「真皮」「皮下組織」という3つの層から構成されています。
皮膚の外側、私たちに最も身近な層、約0.2ミリメートルの表皮はさらに「角質層」「顆粒(かりゅう)層」「有棘(ゆうきょく)層」「基底(きてい)層」の4つの層に分けられます。

表皮の細胞はいちばん下層にある基底層で基底細胞として作られ、古い細胞を押し上げるようにして、有棘細胞、顆粒細胞と形を変えて、皮膚の表面、角質層へ移動します。
そして、角質層に達すると、死んだ細胞=「角質」としてアカやフケとなってはがれ落ちます。角質は私たちの体が外界と接する、唯一(ゆいいつ)の接点なのです。

お肌のターンオーバー

この肌の生まれ変わりを新陳代謝、またはターンオーバーと呼び、約28日でひとつのサイクルになっています。つまり健康な皮膚は28日で生まれ変わるのです。

このターンオーバーが28日周期でリズミカルに繰り返されていれば、いつもみずみずしくバリのある肌でいられるのですが、紫外線などの外的要因や栄養バランスといった内的要因に影響を受けると、ターンオーバーがスムーズにいかなくなり、角質が厚くなったり、アカが多くなる原因になります。

また、加齢とともに老化がはじまった場合も、ターンオーバーに乱れが生じます。特に老化の場合は紫外線の影響に弱く、角質層が厚くなり、皮膚のバリが失われてシワやタルミができたり、メラニン色素が溜まりシミになってしまいます。

年齢を重ねれば、どんな肌も老化します。これは誰もが避けられないことですが、誰でも一律に肌の老化が訪れるわけではありません。肌年齢は人によってかなり差が出るものです。

20代はそうでもないでしょう。30代、40代と年齢を経るに従い、その差は目に見えてきます。
同じ50歳でも30代にしか見えない若々しい肌の方もいれば、失礼ながら70代のおばあちゃんかと思えるような肌をされている方もいます。

この差は、生まれ持った肌質もあるでしょうが、やはり日々のお手入れに左右される部分が大きいのです。つまり、お手入れ次第で、肌の老化は確実に遅らせることができるのです。
さらに言えば、ニキビ肌だからこそ美肌にもなれるのです。

お肌のお手入れをはじめるのは早ければ早いほどよく、ニキビといった肌トラブルを抱えているのなら、なおさらです。ただ、間違ったスキンケアでは、肌の寿命を自ら縮めてしまう恐れがあります。

今世の中には、スキンケアについての情報が溢れ、錯綜(さくそう)しています。
美しい肌を手に入れるためには、正しい知識を得て、本当に正しいスキンケアを追求することが重要です。