乾燥かゆみ肌や、粉フキ肌を防ぐ、正しい入浴のコツ

冬になり気温や湿度が下がると気になるのが体の乾燥。
かゆみを伴うことも多く、悩みの種ですよね。

この悩み、毎日の入浴を少し見直すだけで、劇的に良くなることがあります。

まずは乾燥の原因をしっかりと理解して、乾燥を防ぐ入浴のコツをマスターしましょう。

乾燥と肌のバリア機能

特に乾燥しやすい体の部位は、足のスネ部分や手指、足の裏などの
皮脂線がなかったり、少なかったりする所です。

皮脂線がなかったり少なかったりすると乾燥しやすくなる理由は、肌のバリア機能にあります。

肌のバリア機能とは、紫外線やホコリ、雑菌などの様々な外的刺激から肌を守り、
肌が乾燥することを防いでくれる働きのことです。

健常な状態の肌はこのバリア機能で守られています。

肌のバリア機能は【皮脂膜】【角質層】【NMF(天然保湿因子)】【セラミド】の4つの要素で形成されています。

バリア機能の中でも最前線で働く皮脂膜は、
皮膚から分泌される皮脂と汗が混ざり合うことで肌を覆い
肌の水分が外部に蒸発してしまわないための天然の保湿クリームのような働きをします。

もともと皮脂線がなかったり少なかったりする足のスネや手、足の裏は
皮脂膜が形成されにくく、天然のクリームで覆われていないため乾燥しやすい部位です。

それ以外の部位でも、冬は気温が下がるため皮膚表面の汗の分泌量が下がり、
皮脂が汗と混ざり合わずに皮脂膜がうまく形成されません。

それに加えて湿度も下がることで皮膚の水分や汗が蒸発しやすくなるので、
ますます肌のバリア機能を形成する材料がなくなってしまい、乾燥につながります。

皮脂膜がうまく形成されないと、今度は肌の角質層がむき出しになります。

角質層は水分を肌に保持して乾燥を防ぐ役割を果たしていますが、
皮脂膜が形成されていない状態の角質は簡単に剥がれてしまいます。

角質が剥がれてしまった肌はゴワゴワと乾燥が進み、刺激に敏感になるため
赤みや痒みなどの炎症までつながってしまいます。

体の乾燥は、入浴方法に気をつけるだけでグッと改善されることがありますので、
さっそく乾燥肌を改善する入浴のルールを確認してみましょう。

乾燥肌を防ぐ正しい入浴のコツ

乾燥肌を招いているのは、入浴時のケアのしすぎかもしれません。

美容にいいとされる半身浴での長時間の入浴や、体をきれいにするためのボディウォッシュ、
きれいなお湯での一番風呂などに乾燥の原因が隠れています。

入浴時のお湯の温度や入浴時間に気をつける

熱いお湯での入浴は、肌からセラミドが流れ出し皮脂が落ちやすくなることで
肌の乾燥につながります。

乾燥肌の人の入浴は【35〜40°C程度ぬるめのお湯は15分以内】を目安にすませるようにすると
肌への負担が少なくすみます。

「熱いお風呂じゃないと入った気がしない」という方に朗報なのは、
熱いお湯への入浴で生み出される美肌成分、ヒートショックプロテインです。

ヒートショックプロテインは、肌細胞を活性化し肌の修復能力を高めることで
肌ダメージからの回復を促してくれるプロテインです。

ヒートショックプロテインは41℃程度お湯に10分ほど、
汗をしっかりとかくまで温まることで生成されます。

ただし、毎日熱いお湯につかると体が熱に慣れてしまい、
ヒートショックプロテインが生成されにくくなってしまいますし、
先述した通り皮脂やセラミドが洗い流されやすくなってしまいます。

ヒートショックプロテインは1度生成されると2〜3日働いてくれるので、
毎日熱いお湯へつかる必要はありません。

【熱いお湯に10分】の入浴は週に2、3回程度にとどめ、
他の日は肌の乾燥を招かないようなぬるいお湯での入浴やシャワーで済ませる習慣をつけましょう。

また、半身浴での長風呂から得られる美肌効果は、様々な角度からあまり期待できません。

半身浴はそもそも、心臓が弱かったり、心臓に病気を抱えている人が、心臓に負担をかける事なく
入浴するための方法です。

汗に含まれる老廃物はごく少量ですし、浴室の暖めが不十分だったりすると逆に体を冷やす事も。

また、1時間や2時間の長時間の入浴はふやけすぎた角質や必要な皮脂、セラミドまでが
取れたり、お湯に流れ出てしまいます。

心臓などに問題なければ、全身浴でしっかりと体に圧をかける事でむくみが取れたり
体が温まり血流が良くなったりします。

半身浴はリラックス目的などにはOKですが、基本的に長風呂は乾燥肌に優しくないと心得ましょう。

体の洗いすぎはNG

皮脂や常在菌などは肌を乾燥から守ったり、
健康な状態に保ったりするのに重要な役割を果たしています。

肌の常在菌には様々な種類がありますが、
肌の健康維持を担う代表的なものに【表皮ブドウ球菌】があります。

表皮ブドウ球菌は肌の保湿成分を作り出したり、悪臭を出す細菌の繁殖を防いでくれるなどの
健康な肌には欠かせない大切な役割を担っています。

ボディソープなどに含まれる合成界面活性剤は洗浄力が強く、常在菌そのものや常在菌の餌となる皮脂や角質もすべて洗い流し、肌を無防備な状態にしてしまいます。

体の洗いすぎで皮脂や必要な常在菌がいなくなると、悪臭を生む細菌が繁殖し、
乾燥だけでなく体臭ががきつくなることも。

ナイロンタオルなどで直接体をゴシゴシ洗ってしまうと角質のが剥がれ、
直接肌細胞を傷つけていることにもなりますし、
NMFという肌の保湿を担う成分がなくなりやすくなる原因にもなります。

体を洗う時は、石鹸など合成界面活性剤が使われていないもので、
ナイロンタオルやスポンジで体を直接こするのは避け、
タオルやスポンジを使って泡立てた泡で、優しく撫でるように洗いましょう

入浴時のお湯へひと工夫を

一見、清潔で肌に良さそうな一番風呂ですが、水道水には塩素が微量に含まれているため、
塩素が肌への刺激になってしまうことがあります。

肌を刺激する塩素はビタミンCで減らすことができます。

一番風呂に入る際には、スプーン1杯分のレモン汁を入れることで塩素に対応できます。

入浴剤の成分としては、アスコルビン酸などの
塩素を除去してくれる成分が含まれているものを選んで使うようにしましょう。

温泉系の入浴剤には硫黄などの肌の乾燥を招きかねない成分が入っていることがあるので、
気をつけてチェックしてくださいね。

ちなみに、2番風呂以降は1番風呂の人の皮脂や汗などの有機物で塩素が除去されているため
そこまで過敏になる必要はないそうですよ。

入浴後のアフターケア

最後に肝心なのが、入浴後のアフターケアです。

入浴中の角質には、普段の約2倍もの水分が含まれています。

が、この水分はお風呂から上がって体を拭くと急激に減少していき、
15分後には入浴前とほぼ同じくらい、
15分を過ぎると入浴前よりも水分が少なくなってしまうのです。

水分がなくなった肌にクリームなどでフタをしてしまうと乾燥を加速させかねませんので、
入浴後はできるだけ早く保湿のクリームを塗るようにしましょう。

肌がまだ少し濡れているくらいでクリームを塗ってしまって大丈夫です。

また、クリームを塗る前にフェイスケアを同じく化粧水を塗ってからクリームを塗ると
さらに保湿効果が上がります。

乾燥しがちなスネやかかと、手などには化粧水も取り入れたいですね。

保湿剤は皮膚の繊維に沿って塗るのが効果的です。

皮膚の繊維の流れは部位によって異なりますが、例えば、前腕・唇は縦方向、上腕・ひざは横方向です。

まとめ

入浴のポイントをまとめます。

  • 基本は35〜40度のお湯に15分以内
  • ヒートショックプロテインの為には、41度のお湯に10分を週に2,3回
  • 体は洗いすぎず、ボディソープや石鹸を使う場合は泡で優しく撫でるように
  • 入浴の際のお湯には、スプーン1杯のレモン汁などで塩素対策
  • 入浴後はできるだけ早く保湿ケアを

どれもこれも、いつものお風呂にちょっとだけ気をつけるだけでできる乾燥対策です。

粉フキ肌や、乾燥痒み肌からの脱却を目指しましょう。