背中ニキビに洗い過ぎは要注意?キレイな背中になれるケア方法

背中ニキビは顔と同じく、男女問わず思春期でも大人でもできてしまうニキビです。

背中にかゆみを感じたり、ブツブツとしていたり、ニキビ痕で赤くなったり黒ずんだり、
酷くなると服が擦れるだけで痛みを感じる場合もあります。

普段は服で隠れて気にならなくても、
プールや海水浴、温泉、スポーツや夏場の薄着、背中の空いたフォーマルドレスを着る時など、
背中が人目につく機会は意外とあります。
「ニキビやニキビ痕があると気になって見せられない」と悩んでいる人は割と多く見掛けます。

背中は皮脂の分泌量が多く、皮膚に厚みがあります。
そのため、背中のニキビはなかなか治りにくいとも言われています。

背中のブツブツ、ザラザラなニキビが気になったら早めのケアを。

背中ニキビの改善とケアをご紹介します。

背中ニキビの原因は?

背中ニキビができる原因は、顔にできるニキビと基本的には同じです。
背中ニキビを改善するために、まずはあなたが思い当たる原因がないか探ってみましょう。

よく背中に汗をかく

背中は汗をかきやすい部位なので、その余分な皮脂の分泌がニキビの原因となります。
また、湿気がこもりやすいのでニキビを引き起こす原因菌の繁殖にもつながります。

それとは逆に肌が乾燥すると、肌内部の水分が蒸発するのを防ぐために皮脂を分泌させます。
背中が乾燥すればするほど、皮脂の分泌も活発になります。

ヒートテックなど化学繊維のインナーを着る

通気性の悪い化学繊維のインナーの着用で背中の雑菌の増殖を招き、
背中の毛穴に詰まってニキビが発生します。
さらに、できてしまった背中ニキビとインナーが摩擦を起こし、
炎症して痒みが出てしまう場合もあります。

インナーは通気性のよいコットン100%など、
肌にチクチクと刺激を感じないものを着るとよいでしょう。
また、汗をかいたらインナーを着替えたり、清潔なものを着るようにしましょう。

熱い湯で体を流す・浸かる

40℃以上の湯船に浸かったり、熱いシャワーで体を流すことも、
ニキビが発生する原因に繋がります。

熱い湯を体に浴びると、体の水分の蒸発を防ぐ皮脂を流してしまいます。
皮脂が流れてしまうと乾燥し、ターンオーバーが乱れたり皮脂分泌が過剰になり、
背中ニキビができやすい状態になります。

温泉や冬場のお風呂では特に、熱い湯に浸かってしまいがちになるので注意が必要です。
なるべく40℃以下のお湯浸かるように心掛け、
お風呂上がりは水気を拭いた後、ボディクリームなどで保湿しましょう。

お風呂での洗髪や体を洗う時は要注意

お風呂での洗髪や体を洗う際は、次の2点に注意が必要です。

  • 洗髪のシャンプーやリンス、トリートメントなどが背中に残る
  • 背中の垢や皮脂汚れが気になるからと、ゴシゴシと摩擦をかけて洗う

背中は見えにくいため、背中に垂れた洗髪剤の洗い流しに気付かない場合があります。
背中に残った洗髪剤は毛穴を塞いだり、痒みなど肌の刺激物となり、
ニキビの発生や炎症の原因となります。

洗髪を行ったりトリートメントを洗い流した後に、体を洗うようにすれば洗い残しを防げます。

背中以外の体のどの部位でも気を付けたいのが、ゴシゴシ洗いです。
皮脂や汚れが気になるからと、ついタオルで強い摩擦をかけて洗ってしまいがちの人は注意が必要です。
背中を拭く時も、ゴシゴシと拭かず水気をタオルで押さえるよう丁寧に拭きましょう。

ゴシゴシ洗いは必要な皮脂や皮膚の細胞まで剥がしてしまい、
ターンオーバーが乱れたり肌が乾燥してニキビを引き起こします。

体を洗う目的は、余分な皮脂や浮いてきた垢を落とすことです。
皮脂や垢はたっぷりの泡と柔らかいタオルで肌の上を撫でるようにして洗い、
その後はお湯で流すだけで落とせます。

ホルモンバランスが崩れている

女性は生理前や生理中など、男性は運動不足、睡眠不足やストレスなどで、
ホルモンバランスが崩れている時にニキビができやすくなります。

ホルモンバランスの影響で背中の皮膚のターンオーバーが乱れ、
ニキビの発生や悪化に繋がります。

バランスのとれた食事、早寝早起きなど、規則正しい生活を心掛け、
なるべく背中を清潔で潤いのある状態に保つようにしましょう。

背中ニキビの対処・予防は必ず保湿を

背中ニキビには、保湿して正常なターンオーバーを心掛けることが大切です。
潤いが十分な背中はターンオーバーが正常に行われ、
ニキビの炎症が静まりニキビ痕も改善され、ニキビができにくい肌になります。

背中ニキビの改善は入浴時の振る舞いが決め手

背中ニキビの対処と予防ができているかどうかの決め手は、
入浴中、入浴後での振る舞いです。

背中に洗髪時の余分なシャンプー剤などが残らないよう、
上から順に体を洗っていくとよいでしょう。
洗う時もゴシゴシと力を入れないよう、優しく丁寧にを心掛けてください。
泡を手にとって直接撫で洗いするだけでも、体の汚れは十分に落ちます。

保湿成分を含んだ入浴剤入りの湯船に浸かるのも効果的です。
ただし、湯船の浸かり過ぎはかえって乾燥したり肌のバリア機能低下を招く恐れがあります。
湯船の温度は38℃〜40℃で、浸かる時間は10分〜15分程度にしてください。

お風呂上がりは清潔であり、水分の吸収性が高くなっている状態なので、
このタイミングで背中を保湿させるとより効果的でしょう。

また、ボディクリーム以外にも、
保湿に特化した顔用の化粧水や乳液を使用しても問題ありません。

夏場やスポーツなどで汗をかいた場合は、
ぬるめのシャワーで軽く汗を流して保湿を行ってください。
あまり洗い過ぎるとかえって肌の乾燥を招く恐れがあるので、
石鹸やボディソープを使用して背中を洗うのは1日1回にしてください。

背中ニキビと上手に付き合っていくには

背中ニキビをキレイにするためにピーリングなどもありますが、
施術後は皮膚が薄くなり乾燥し、刺激にとても敏感な状態になります。
十分な保湿や日に焼けないよう、アフターケアを入念に行う必要があります。

痒みやただれなど、ニキビの状態があまりに酷い場合は皮膚科で診てもらいましょう。

背中は皮膚が厚く、一度できてしまったニキビやニキビ痕をなくすのに時間はかかります。
しかし、なるべく普段のケアでゆっくりと自然の力で治し、
肌の内側から潤い、ターンオーバーが正常に機能している健康的な肌作りを行うことが、
最良の背中ニキビ対策となります。