保湿の効果と重要性について – スキンケアの基礎

保湿はスキンケアの重要な要素です。

スキンケアに多少でも意識のある方なら、保湿の重要性はご存知だとは思いますが、
ここでは改めて保湿について振り返ってみたいと思います。

肌の保湿とは、肌に水分が保たれている状態

カサカサ肌しっとり肌という言葉から連想されるように、肌には水分が含まれていて、ある程度の水分量が保たれることは肌の健康状態に大きな影響を与えています。

だからと言って、ただやみくもに水分を与えてもすぐに蒸発してしまいますので、ここいう【保湿】とは、適切な水分量が肌に保たれている状態のことだとお考えください。

保湿されていない肌には何が起きるか?

肌に適切な水分量が含まれていないと、どうなるのでしょうか?
ここでは詳細に触れませんが、
保湿されていない肌に起きる問題を考えると、保湿の重要性が見えてくると思います。

  • 肌のバリア機能が低下する
  • シワが増える
  • シミが増える
  • 肌がくすむ
  • 皮脂の分泌が過剰になる
  • ニキビができやすくなる
  • ターンオーバー(皮膚の生まれ変わりサイクル)の異変
  • 肌のひび割れ
  • 肌荒れ

などのさまざまな好ましくない結果へ近づいていきます。

保湿って? どうすれば潤いのある肌になれるの?

上記からわかるように、保湿はプリプリのお肌をつくるというイメージ以上に
お肌を正常な状態へ保つという大切な役割をはたしてくれています。

それでは、何をすれば保湿されるのでしょうか?
重要なポイントは、洗顔後のケアお肌の活性化です。

洗顔後のケアと保湿について

洗顔後はタオルで顔をこすってしまいがちですが、
これは肌にダメージを与えます。

洗った後はタオルで軽くおさえるくらいにして、
少し水滴が残っているかなくらいがベストです。

顔を洗うと、古い角質や皮脂が洗い流されます。
実はこの洗顔後は、お肌が無防備な状態になり、
みるみるうちにお肌から水分が抜けて乾燥していくのです。

肌質にもよりますが、そのまま放っておくと極端な乾燥状態や
その後の過剰な皮脂分泌につながる恐れがあります。

だから油分の入った化粧品を使って乾燥を止めようとするのですが、
そもそも肌には皮脂という天然のクリームを分泌する機能が備わっています。

この皮脂という天然のクリームは、自分の体内から分泌されるものなので、
アレルギーやバリア障害などの問題がおきません。
まさに自分用に特別に調合された高級クリームのようなものです。

特にニキビ肌の方は油分の入ったクリームがニキビを悪化させることもあります。

おすすめはヒアルロン酸などの保湿成分を配合し、
プラセンタなどのバリア修復に役立つ成分が含まれている化粧水で
洗顔後できるだけ早く保湿することです。

保湿成分が乾燥を防いでくれますし、バリア修復成分が肌の機能を正常化へ導くことで
お肌が本来持つ力を活性化させてくれます。

お肌の機能が正常であれば15〜30分後には、特注の高級クリームとも呼べる皮脂が分泌されて
角層表面の「皮脂膜」でお肌の乾燥を防いでくれるのです。

お肌の活性化が保湿への道

お肌の潤いを保つのは、お肌の中にあるNMF(天然保湿成分)とよばれる水溶性成分で、
人工的にこれを合成する技術はまだありません。

乾燥したお肌の状態を分析すると、健康な肌と比較してNMFの量が著しく減っています。
これを人工的に補い、保湿を完了させるということはまだ出来ないということです。

お肌の機能が正常な状態であれば、十分なNMFでお肌は潤って保湿されます。
その結果、お肌のターンオーバーも正常に近づき、バリア機能も回復されるという
正常なサイクルへと戻っていくのです。

保湿を考える際には、まずお肌が正常な状態を保てる環境を整え、
お肌の活性化に注目し、お肌が本来持っている力を発揮して正常な状態になる
ということことをサポートすべきです。

長年、医療機関でも使用されているプラセンタは安全性も確率されているだけでなく、
スキンケアに求められるさまざまな効能を備えているのでおすすめです。