シミ解決への近道は、シミのメカニズムを知ることから

シミができる原因には、

・ 日焼けなどによる紫外線
・ ニキビや アトピーかぶれなどの炎症
・ 女性ホルモンのバランスが崩れる
・ ストレスや喫煙などで生じる活性酸素

などがあります。

これらの原因によって皮膚の内部でメラニンが生成され、それが蓄積すると色のついたシミになります。このメラニンとは何なのか。紫外線を浴びるとなぜ生成されてしまうのか。
メラニンの必要性とシミのメカニズムを解説いたします。

メラニンとシミについて

メラニンとは

メラニンとは、紫外線・炎症・ホルモンバランスの崩れなどの刺激から皮膚を守るために皮膚内部で生成される色素です。
メラニンなどの表皮細胞がバリア機能を形成して紫外線などの刺激物を防ぎ、皮膚の細胞核のDNAを破壊したり皮膚ガンになるのを避ける働きをします。

メラニンは動植物などに存在し、皮膚・頭髪・目の色などを形成している色素です。
人体のメラニンには、黒色のユーメラニン(真性メラニン)と黄色のフェオメラニン(黄色メラニン)の2種類が存在します。人種によって肌や髪や目の色が異なるのは、この2種類の組み合わせの比率や量が影響しています。白髪ができるのは、メラノサイトと呼ばれる幹細胞が加齢や生活環境などの影響で衰え、メラニンを生成しなくなるからだと言われています。

シミと言えばメラニンの影響とよく言われがちですが、少なくともメラニン自体が悪いということはないのです。

メラニンはどのようにして作られるのか

メラニンが生成される過程を説明いたします。

メラニンは「メラノサイト」という色素細胞から生成されます。メラノサイトとは、メラニン細胞または色素細胞とも呼ばれています。

肌が紫外線や外的刺激などを受けると、メラノサイト内で「チロシナーゼ」という酵素が「チロシン」というアミノ酸に作用し、メラニンを生成します。生成されたメラニンがメラノサイトから出ていき、表皮内に入ってくる紫外線などから細胞核を防御する働きをします。

なぜシミの色はだんだん濃くなるの?

では、なぜシミは肌色とは違う薄茶や赤色、褐色などの色になってしまうのでしょうか。

これはメラノサイト内にあるチロシナーゼによる影響です。紫外線などを受けてチロシナーゼが活性化し、チロシンが黒色メラニンへと変化します。この黒色メラニンこそが、肌の表面に出るシミの色そのものとなります。

年齢とともにメラノサイトの働きが衰え、チロシンやチロシナーゼの量が減少します。この影響は髪などの色にも影響し、例えば毛髪自体がメラニン色素を受け取れなくなり白髪になります。これにより肌の内部でもメラニン色素の生成も減少していきます。
しかしシミの場合、加齢などによるターンオーバーの乱れでメラニン色素が肌の外へ排出されず、色素沈着を起こして肌表面に現れていきます。

シミのメカニズム

本来は肌にとって無害であるメラニン色素が、どうしてシミとなってしまうのでしょうか。

メラニン色素は通常、刺激物を防ぐために過剰に生成された後、ターンオーバーで皮膚の外へ排出されるものです。日に焼けたり炎症などの影響で生成されたメラニンは、ターンオーバーが正常な状態であればおよそ28日の周期で排出されます。

しかし、強い日差しを浴びたり過度な炎症が続くと、その影響でメラノサイトが増殖してメラニンが過剰に生成されます。その結果、ターンオーバーでメラニンの排出が追いつかず表皮に滞留します。
また、ストレスや加齢の影響でターンオーバーに乱れが生じると、メラニンが排出されず表皮に滞留します。この滞留したメラニンが色素沈着を起こし、シミとなります。

妊娠中や出産後、更年期にみられるシミ(肝斑)の場合、その時期に分泌される「色素細胞刺激ホルモン」が影響しています。この女性特有のホルモンの影響で表皮内のメラノサイトが活性化し、メラニンが過剰生成されて色素沈着=シミ(肝斑)となります。

過剰なシミ対策は注意しましょう

シミができるしくみを理解した上で注意したいのが、日焼け対策やシミ対策を過剰に行ったり敏感になり過ぎないようにすることです。紫外線もメラニン色素も、体にとっては大切な役割をするものです。

紫外線は、骨を強くしたり免疫力を高めるために必要なビタミンDの生成を促進させます。ビタミンDは小魚や卵などの食べ物から摂取することも可能ですが、日光に当たることで皮膚から生成することもできます。

その他に血圧を下げたり、コレステロールを減らしたり、代謝をよくしたりなど、健康的に生活をする上で重要な役割も果たします。

メラニンは先にも述べたように、紫外線などの刺激から皮膚の細胞を守るために生成される、皮膚にとってなくてはならないものです。

日光を完全にシャットアウトすれば、シミができないとも限りません。日頃から日焼け止めを使用したりアフターケアさえ心がければ、十分なシミ対策をしていると言えるでしょう。