過剰な皮脂分泌の原因は乾燥にアリ。しっかり保湿でサラサラお肌へ

皮脂分泌が過剰になってしまう原因は、大きく分けて「生まれつきの脂性肌」と
「乾燥からくる皮脂分泌の異常」の2つがあります。

「生まれつきの脂性肌」の中には「混合肌」も含みますが、
この記事では後者の「乾燥からくる皮脂分泌の異常」について説明します。

乾燥が原因で起こる過剰な皮脂分泌のメカニズム

皮脂の分泌量は男女ともに、思春期をピークに少しずつ低下していきますが、
20、30代になっても皮脂でTゾーンがテカってしまったり、
化粧崩れやニキビなどに悩まされる場合があります。

その場合は、実は脂性肌ではなく「インナードライ肌」である可能性が高いです。

隠れ乾燥肌とも言われるインナードライ肌とは、
肌表面は皮脂でベタつきやテカリがあるのに、
肌内部の水分が不足している状態の肌をさします。

インナードライ肌の困ったところは、見た目には皮脂分泌があるので、
脱脂ケアをしてしまいがちな上に、自分の乾燥肌に気づいていないので
保湿ケアが怠り気味になってしまうことも。

肌の水分を補う保湿ケアを怠ったまま続けた脱脂ケアにより肌の乾燥が進むことで、
乾燥や外部刺激から肌を守ろうと皮脂が余計に分泌されてしまうのが、
乾燥による皮脂分泌異常のメカニズムです。

インナードライ肌について知りたい方はこちら。

脂っぽい肌に潜むインナードライ肌

インナードライ肌の見分け方や予防・改善方がわかります。

「やりすぎスキンケア」は皮脂分泌が過剰になる原因です

皮脂分泌の過剰を招く肌の乾燥の原因は、
生活習慣やホルモンバランスの乱れ、食生活など様々ですが
その中でも気をつけたいのが、間違った「やりすぎスキンケア」です。

お肌にいいはず!と思い込んだ間違ったスキンケアは肌の乾燥を招き、
皮脂分泌の機能を過剰に働かせる要因になります。


やりすぎスキンケアの代表3つ

(1)皮脂ケアのやりすぎ

Tゾーンのテカリやベタつきを感じると、どうしても脱脂ケアをしたくなりますが、

  • 洗顔のしすぎ
  • 脂とり紙などで油をふき取ってしまう

と、皮脂分泌が余計に活発になる原因になります。

洗顔や脂取り紙などで顔の皮脂を取りすぎてしまうと肌の乾燥が進み、
乾燥した肌を守る目的で皮脂が必要以上に分泌されてしまうのです。

洗顔は多くても朝晩1回ずつにとどめ、日中の皮脂ケアはティッシュなどで気になる部分を
軽く押さえた後に、スプレーやミストタイプの化粧水などで水分を補うようにしましょう。

(2)合っていない保湿のやりすぎ

乾燥肌が皮脂の過剰分泌の原因の1つですが、
だからと言って合っていない保湿のやりすぎにも注意が必要です。

一般的に普及している保湿ケアは、化粧水・美容液・乳液・クリームなどです。

この中でも、乳液とクリームが曲者。

皮脂分泌が異常になってしまう乾燥肌の原因は、肌の水分量が足りていないことです。

皮脂が十分に分泌されているお肌に、油分たっぷりの乳液やクリームを重ねても
皮脂の過剰分は治らないうえに化粧崩れや、
毛穴の詰まりなどを起こしてニキビの原因になります。

保湿にはなるべく油分を含んでいない、
保水力の高い美容成分がしっかりと配合されているものを選んで使うようにしましょう。

(3)肌のマッサージのやりすぎ

顔の周辺のリンパやリンパ節の老廃物を流すことで小顔効果や
血行促進効果が得られることで人気のフェイスマッサージですが、
これもやりすぎると乾燥シワ・たるみの原因になります。

特に多い間違ったフェイスマッサージ法が、

  • 力を入れすぎている
  • 長い時間やってしまっている
  • クレンジング剤や乳液などでマッサージしている

などです。

力を入れすぎたり、長時間のフェイスマッサージ、
マッサージ専用の化粧品以外を使用してのフェイスマッサージは
顔のシワやたるみを招く他、肌の擦れなどを引き起こし肌荒れの原因になります。

特に皮脂分泌の過剰で悩んでいる人は、クレンジング剤でのマッサージは厳禁です。

余計な肌荒れや乾燥からくる、皮脂分泌異常の原因になりますので
絶対にやめてください。

クレンジングを使用する際は、肌に極力、
直接触れないようやさしく滑らせてメイクとなじませるだけにとどめましょう。

ボディマッサージと違い、フェイスマッサージは痛みを感じない程度に
軽く指の腹を滑らせるか、プッシュする程度で大丈夫です。

その際には、肌との摩擦を軽減する目的で作られたマッサージ用のジェルなどを
潤滑剤として必ず使用するようにしましょう。

また、マッサージをするときには手を清潔にしてから行いましょう。
汚れた手で顔周辺に触れるのはニキビなどの原因になります。


皮脂の過剰分泌はニキビやテカリの原因ですが、皮脂がないとお肌のバリア機能が崩れ
乾燥や肌荒れなどのトラブルの原因にもなります。

なめらかで美しい肌の維持には、皮脂分泌を正常にすることが大切。

正しいスキンケアで、皮脂分泌を上手にコントロールしましょう。

特に気をつけたい、冬&夏の皮脂分泌コントロール

肌や皮脂分泌の状態は、季節や気候によっても大きく左右されることがあります。

比較的穏やかな気温・湿度の春と秋に比べ、
冬と夏は皮脂コントロールに関してトラブルは起こりがちです。

冬と夏、それぞれの皮脂分泌の異常の原因を確認し、対策を練ってみましょう。

冬の皮脂分泌コントロール

冬は1年の中でもぐっと大気中の湿度が下がる上に、
室内の暖房やエアコンの影響で肌の乾燥が進む時期です。

そんな冬に、額や鼻のあたりにテカリやベタつきを感じたり、
皮脂の分泌過多でニキビができてしまう場合、
肌に水分が足りていないインナードライ肌かもしれません。

冬の乾燥からくる皮脂分泌の過剰には、
基本のスキンケアをおさえることから始めましょう。

まずは洗顔。

日中の額や小鼻などのテカリが気になると、洗顔や油とり紙を使いたくなりますが、
油とり紙や顔の洗いすぎは肌に必要な皮脂を洗い流してしまうため、
余計な乾燥からの過剰な皮脂分泌を招きます。

しっかりと洗顔料を使用しての洗顔は、1日2回以上はしないよう心がけましょう。

日中の脱脂ケアは、ティッシュなとで軽く押さえるだけで十分です。
その後にはミストやスプレータイプの化粧水・美容液でしっかりと保湿することで、
それ以上皮脂が過剰分泌されてしまうことを防ぐことができます。

また、冬の日中に口元やほお、目元などの乾燥を感じてしまう場合は朝の洗顔を
洗顔料を使わないぬるま湯のみに変えてみることも試してください。

適度に皮脂が肌に残ることで乾燥を防ぎ、日中の皮脂分泌を抑える効果が期待できます。

保湿には、保水力に優れたヒアルロン酸やセラミドが高配合された
スキンケア用品を選ぶようにしましょう。

なるべくオイルフリーがオススメですが、口元やほお、目元などの皮膚が薄く、
皮脂線が少ない部位にはクリームや乳液などで油分を補ってあげる必要があります。

夏の皮脂分泌コントロール

夏の脂性肌も、根本的な原因は肌の水分量が下がってしまったことによる乾燥肌です。

夏の皮脂は気温の上昇に伴い増える汗と混じり合って皮膚表面に広がるため
冬に比べてなんとなく潤っているような気がしますが、
汗として、水分は排出されて行ってしまうので肌内部の乾燥は進んでしまいます。

また、オフィスや公共交通機関など、冷房がかかっている場所では
湿度も下がり気味なため肌の内部はどうしても乾きがちになります。

皮脂分泌が過剰になる人の肌は、水分量が下がり乾燥している状態です。

皮脂分泌が過剰な場合の肌に足りていないのは圧倒的に水分ですので、
オイルフリーかつ水分を逃がさないように
保水力の高い成分が配合されているスキンケア用品がオススメです。

夏は皮脂の分泌が比較的しっかりと行われている上に、発汗作用によりお肌全体に広がりやすいのでスキンケアをする際には保湿に乳液やクリームなどは控えましょう。

クリーム系で水分の蒸発を防ぐというよりは、保水力の高い成分で被膜を作り
肌の水分を逃がさないで留めておくようにするほうが、
夏のスキンケアにはより適しています。

過剰な油分はニキビを悪化させることがありますし、化粧崩れなどの原因になります。

まとめ

皮脂分泌が過剰だと、脱脂ケアに走りがちになりますが、
20代以上の皮脂分泌の過剰は乾燥が原因というパターンが多くあります。

まずは毎日行っているスキンケアを、1度振り返ってみること。

お肌のために良かれと思っていたことが、皮脂分泌の過剰を招いていることがあります。

基本的には水分をたっぷりと補給できる、
保水力の高いスキンケア用品でしっかりと保湿することが第一。

第二に、皮脂は根こそぎ無くしてしまうのではなく、潤いのある美しい肌のためにも
上手に皮脂をコントロールする方法を身につけましょう。