男性のメイクに合ったクレンジングと方法とは?

大手化粧品メーカーからメンズのコスメラインが発売されるなど、
男性もメイクを楽しむ時代が到来しています。

男性がメイクをするのは

  • 清潔感を手に入れる
  • ニキビや赤ら顔を隠す
  • コンプレックスを克服する
  • 気分を上げる

など、女性と同じで理由は様々です。

最近ではメンズ雑誌などで、メイクやメイク道具などが特集されることが増えてきましたが、
クレンジングでメイクを落とす方法はあまりフィーチャーされていないことが多く、
クレンジングをどうすればいいか困ったり、クレンジングを省いたりしている方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、男性のメイクの正しい落とし方を紹介します。

男性のメイクにクレンジングが必要な理由

まず、メイクは通常の洗顔せっけんや洗顔フォームでは落ちないということを念頭に入れましょう。

洗顔でゴシゴシこすれば一見、メイクは落ちているようにも見えますが
肌をこするのは肌の老化やニキビなどの肌トラブルを招きますし、
ぱっと見では気づかないメイク汚れは小鼻や毛穴の中などにしつこく残っています。

落とし損ねたメイクのせいで顔には雑菌が繁殖したり、色素沈着して顔の色がくすむ原因にも。

メイクはクレンジングを使って正しく落とすと、ニキビ・乾燥・シワなどの肌トラブルの予防や、
クレンジングが余分な皮脂を取ることで肌トラブルの改善につながります。

肌トラブルが解消されることで生じるメリットは

  • 清潔感がアップ
    ……ニキビや乾燥、テカリを改善して清潔感がアップ。
  • 肌の不快感がなくなる
    ……ニキビや乾燥からくるかゆみや痛みなどが軽減されます。
  • 肌触りが気持ちいい
    ……ふと顔を触った時に感じるブツブツやザラザラがなくなります。
  • 肌が滑らかになるとメイクがもっと楽しくなる・楽になる
    ……メイクは健康な肌に施すとさらに見栄えが良くなり、メイクを楽しむことができます。

などなど、盛りだくさんです。

クレンジングを含む洗顔は、スキンケアの基本中の基本。

「男性のメイクはクレンジングとセットになっている」ことに留意しましょう。

男性のメイクの落とし方

それでは早速、男性のメイクの落とし方について見ていきましょう。

メイク落としはまず、自分に合ったクレンジングを選ぶとこから始めます

「クレンジング」と言っても、クレンジングには様々な種類があり、
ざっくり分けるとオイル・ジェル・ミルク・クリーム・シートの5種類ほどに分けられます。

種類ごとにどのような肌質・メイクに適しているかが違ってきますので、
それぞれの特性から自分にあったクレンジングを選び取りましょう。


◆オイルクレンジング

洗浄力:★★★★★
手軽さ:★★★★☆
肌への優しさ:★★☆☆☆

簡単にメイクが落ち、洗い流すのも比較的楽なクレンジング。

アイラインやアイシャドウなどのポイントメイクまでも一気にメイクオフできます。

洗浄力が強い分、肌への刺激も強いのでニキビや乾燥、テカリなどがある人は悪化する可能性も。
肌の健康に自信がある人は使ってOKです。

ポイントメイクをしない人は控えた方が無難かもしれません。

◆ジェルクレンジング

洗浄力:★★★☆☆
手軽さ:★★★☆☆
肌への優しさ:★★★★☆

適度なメイク落ちと保湿感があり、ニキビや乾燥などの肌トラブルがある人でもOK。

コンシーラやファンデーション、アイブロウなどはジェルですんなりと落とすことができますが、
アイライナーなどのポイントメイクは落ちにくいので注意が必要です。

オイルと水分のバランスがいいので、ニキビ肌の人にオススメのクレンジングです。

◆ミルク・クリームクレンジング

洗浄力:★★☆☆☆
手軽さ:★★☆☆☆
肌への優しさ:★★★★★

クレンジングの中では圧倒的に肌への刺激が少ないので、敏感肌や乾燥肌の人にはオススメ
ただし、丁寧な乳化をしないとメイク落ちが悪いので、丁寧を心がけられる人に合ったクレンジングです。

ポイントメイクは、ミルクやクリームではほぼ落ちないと思った方がいいでしょう。

ポイントメイクもするけれど、肌トラブル回避のために
ミルク・クリームクレンジングを使いたいときは、ポイントメイクだけ事前に
ポイントメイクアップリムーバーを使って落としてあげるとOKです。

◆クレンジングシート

洗浄力:★★☆☆☆
手軽さ:★★★★★
肌への優しさ:★☆☆☆☆

シートタイプのクレンジングは、手軽でメイク落ちもそれなりなのですが、メイク落ちがいい分、
肌への刺激も強く、クレンジングでは厳禁とされている肌への摩擦が引き起こされてしまいます。

また、ぱっと見ではメイクが落ちていても、毛穴のメイクまで落とすのは難しい種類のクレンジングです。

どうしても疲れてクレンジングをしたくない時や、短期旅行などでは重宝しますが、
残念ながら日常使いには基本的にNGだと思ってください。

特にニキビ肌や敏感肌、乾燥肌の人は、肌トラブルを悪化させることがありますので気をつけましょう。


この他にもバームやポイントメイクリムーバー、水クレンジングなど、種類は豊富です。

【クレンジングは8種類】メイクや肌質に合うクレンジングは?

ドラッグストアなどで手に入りやすいのはオイルやジェル、ミルクやクリームなどですが、
コスメを購入する時や、購入したお店で肌の悩みを伝えて選んでもらうのもいいですね。

クレンジングの基本的な使い方

クレンジングの種類によって使い方は多少異なりますが、
大まかな使用法や注意点は共通していますので、クレンジングの基本的な使い方について見ていきましょう。

1.クレンジングを使用する前には、手を清潔で乾いてる状態にする

まず始めに、手を洗いましょう。

手に雑菌がついている状態でクレンジングをするのは、顔に雑菌を塗り広げているのと同意義です。

手を清潔にしたら、必ずダオルドライして手が乾燥している状態にしましょう。

ほとんどのクレンジングは、メイクと馴染ませる前に水に触れてしまうと、
本来の洗浄力を発揮できません。

中には濡れた状態で使用できるクレンジングもありますが、それでも乾いた状態で始めた方が
クレンジング本来の効果を発揮できます。

2.クレンジングを適量、顔に伸ばす

この場合の「適量」は製品によっても異なってきますが、
ジェルやクリームなどはだいたいサクランボ1個分くらい。

オイルやミルクなどは10円玉〜500円玉程度の量が好ましいでしょう。

重要なのは、量をケチらないこと。

肌に指が擦れる感覚を感じないくらいの量がベストです。

クレンジングを顔に伸ばす順番は、額や頬などの面積が広いところから塗って、
小鼻や鼻筋、目元などの細かいところにも、優しく伸ばしていきます。

男性の場合は顔全体にメイクを施さず、ヒゲやニキビ跡や鼻筋などポイントメイクの場合も多くあります。

ポイントメイクのみの場合でも、クレンジングは顔全体に使用しましょう

クレンジングは顔の余分な皮脂を落としてくれる効果も期待できますので、
顔全体をしっかりクレンジングすることで、日中の肌のテカりの軽減も期待できます。

3.伸ばしたクレンジングはこすらず、マッサージも厳禁

クレンジングを顔全体伸ばしたら、メイクが落ちるようにこすったり、
マッサージをしたくなりますが、そこはぐっとこらえてください。

クレンジングに厳禁なのは、肌への摩擦です。

肌に摩擦が起こると、ニキビや乾燥肌、シワなどの肌トラブルが悪化します。

クレンジングを顔に伸ばしたら、そのままメイクが浮いてくるまで待つか、
優しく指を滑らせる程度にしましょう。

特にミルクやクリームクレンジングは転相してオイル化させる必要があるので、
赤ちゃんの肌に触れるような気持ちで優しくなでるようにしてください。

転相とは、ミルクやクリームの状態のクレンジングが顔の熱でオイルのような形状になること。
この転相(オイル化とも言います)を挟むことでメイクがさっぱりと落ちます。

ミルクやクリームクレンジングを肌でクルクルと撫でて、指先で感じる感触が変わるのが目安です。

この時に時間をかけすぎないこと。

30秒〜1分程度で、次の段階に進みます

4.クレンジングは乳化させてさっぱりと落とす

メイクと馴染んだクレンジングをさっぱりと落とすためには、一度乳化させる必要があります。

クレンジングのほとんどが、オイルをメイクと馴染ませることでメイクを肌から浮かせますが、
オイルを含んだクレンジングは界面活性剤の力で水と乳化させることで
さっぱりと洗い流すことができます

クレンジングとメイクがなじんだら、手を水にくぐらせ、軽くついた水滴でクレンジングを馴染ませます。

すると、クレンジングが牛乳のように白くなっていくのが乳化したサインです。

乳化したクレンジングは、ぬるま湯を顔にぶつけるようにして洗い流しましょう。

▼乳化や転相について詳しく知りたい方はこちら▼

クレンジングの効果を最大限に引き出す「乳化」

クレンジングの後には洗顔保湿も行うことで、滑らかで健康的な肌が手に入ります。

まとめ

男性もメイクを楽しむためにはクレンジングもセットで取り入れることで、
清潔感のある健康な肌を保つことができます。

まずは自分の肌に合ったクレンジングを選ぶこと。

クレンジングは適量を守り、決してこすらず、乳化させて綺麗に洗い流しましょう。

クレンジングは丁寧に行うことが大切ですが、時間をかけすぎる必要はありません。

むしろだいたい1分程度を目安にした方が、肌への負担も少なくすみます。

最初は手間取るかもしてませんが、慣れるまでの辛抱です。

メイクを楽しんだら、しっかりとオフして肌を休ませる習慣を身につけましょう。