ターンオーバーは、酷いニキビやニキビ痕の改善のカギ

ニキビやニキビ痕を治すと言えば「ターンオーバー」、という言葉をよく耳にすると思います。

ターンオーバーの正常化がニキビの改善に繋がる、
ターンオーバーをすればニキビやニキビ痕が治るなど、
ニキビとターンオーバーという言葉をよくセットで見掛けるくらい、
この2つは密な関係にあります。

  • ベタつく肌でも乾燥肌でも、ニキビができてしまう
  • 治ってもまた別の場所にニキビができる
  • 生活習慣や食生活の乱れ、ストレスなどでニキビが増える
  • 便秘や生理前になるとニキビが酷くなる
  • ニキビはできなくなったにもかかわらず、ニキビ痕が気になる

よくある上記のようなニキビの悩みも、ターンオーバーの乱れが影響しています。

ターンオーバーとはどのようなものなのか
ターンオーバーが乱れると肌がどうなるのか、ニキビがどうしてできるのか
どうしてターンオーバーが乱れてしまうのか

ニキビとニキビ痕にお悩みの方は、まずターンオーバーについて知ることが改善への近道です。

ターンオーバーとは?

ターンオーバーとは、「肌の生まれ変わり」のことです。
肌のツヤやハリなどの美肌に欠かせない土台作りや、
健康的な肌色を保ち外的刺激物から肌を守るためには、
このターンオーバーが重要となります。

肌表面を清潔な状態に保つためにもターンオーバーが必要で、
ニキビやニキビ痕ができにくくなることにも繋がります。

ターンオーバーは老若男女問わず、普段私たちの肌で常に起きています。

肌の内側から新しくできた細胞が皮膚の表面に押し出され、アカとして剥がれ落ちることを繰り返しています。
この繰り返しの周期は、通常およそ28日間と言われています。
(周期は個人差・年齢・体の部位などにより異なる場合があります。)

その28日間の内、肌の内部では何か起きているのかというと・・・

1. 始めの14日間は皮膚(表皮)内にある基底層で生成されたケラチノサイト(角化細胞)が保湿成分を含み、角質層に向かってどんどん上へ押し上げられていきます。

2. 角質層に到達すると外的刺激物や乾燥から皮膚を守る役割をします。

3. やがて乾燥してアカとなり、剥がれ落ちていきます。

ターンオーバーが乱れるとどうなるの?

正常なターンオーバーを続けることは、美肌を保つことに欠かせない要素です。
逆に、肌トラブルを起こしたり健康的でない肌になってしまった場合の原因は、
ターンオーバーの乱れが影響していると考えられます。

ターンオーバーの乱れが、ニキビや吹き出物をできやすくしてしまいます。

では、ターンオーバーが乱れると肌はどのようなことが起こるのでしょうか。

ターンオーバーが早まった場合

ターンオーバーが早まると肌内では、
通常14日間かけて生成と機能を果たす細胞が未熟な状態で作られ、
更に14日間かけて角質層に細胞が重なることなくどんどん剥がれ落ちていく、
という状態が繰り返されます。

この未熟な細胞は、保湿成分であるNMF(天然保湿因子)やセラミドを作り出すことができず、
更に、角質層は細胞が重なることなくどんどん薄くなっていくので、
肌内の水分が蒸発していくのを防ぐことができず、乾燥を招いてしまいます。

肌が乾燥した状態になるとバリア機能が失われ、
紫外線などの外的刺激物の免疫力が弱まって様々な肌トラブルを引き起こします。

また、乾燥すると肌のキメが粗くなり毛穴が広がります。
その毛穴に皮脂が溜まりやすくなり、ニキビになりやすい状態となります。

ターンオーバーが遅くなった場合

ターンオーバーの周期はおよそ28日間とよく言われますが、
年齢とともにこの周期は遅くなっていくものです。
20代前半までは大体28日間ぐらいだった周期が、60代〜になると100日間ぐらい延びる場合があります。

ターンオーバーの周期が遅くなると、
バリア機能などの役割を果たしてアカとして剥がれ落ちるはずの皮膚が角質層に溜まり、
乾燥が進んで肌表面がゴワゴワと固く、くすんだような肌色になります。

汚れた角質が残った状態になるので、炎症を起こしてニキビや肌荒れの原因にもなります。

ターンオーバーが乱れる原因は?

ターンオーバーの乱れは様々な肌トラブルを引き起こします。

ターンオーバーが早まる要因

1. 洗顔のやり過ぎ

肌の表面を清潔にしていないとニキビができやすくなる。
ニキビの原因であるベトベトな皮脂をきれいサッパリ洗い流したい。

こんな思いから1日に何度も洗顔したり、
一度の洗顔に時間をかけたり、
ゴシゴシと肌を過剰にこすり洗いしていませんか?

過剰な洗顔は古い角質だけでなく、
まだバリア機能が果たせる状態の角質まで無理やり剥がしてしまいます。
肌表面の角質が減ってしまうと、保水効果がなくなり肌の乾燥を招きます。

すると、肌を外的刺激から守るために皮脂が過剰に分泌されたり、
結果的にターンオーバーを早めてしまいます。

また、熱いお湯での洗顔も、必要な角質や皮脂を流してしまう原因になります。

洗顔やり過ぎには注意しましょう。

スキンケアの基本となる、正しい洗顔方法をご説明します。

2. 肌に摩擦かける

前述の通りゴシゴシと洗うことも含め、
気になるニキビを触ったり、痒くて掻きむしったりすることが、
ターンオーバーを早める要因になります。

肌の表面が赤く炎症を起こしたり、
洗顔や化粧品を塗布した時にピリピリと痛みを感じたら要注意です。

3. 紫外線を浴びる

紫外線を浴びることで、肌内部では細胞が壊されないよう角質を厚くして守ろうとします。
角質が厚くなると皮脂が詰まりやすくなり、ニキビの原因となります。

ターンオーバーを正常に戻すために、紫外線対策は常に心掛けましょう。

4. 不健康な生活

以下に挙げる不健康な生活も、ターンオーバーの周期を乱す原因となります。

  • 睡眠、栄養不足
  • 喫煙や飲酒
  • 便秘
  • 過剰なダイエット
  • 運動不足
  • むくみや冷え性

脂っこい食べ物や偏食はニキビの原因になるとよく言われますが、まさにターンオーバーを乱す原因でもあるからです。
ビタミンを含んだ食材(特にビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE)はターンオーバーを促進する効果があります。
3食バランスよく摂取するよう心掛けましょう。

生活面で注意したいニキビケア3原則

5. ストレス

ストレスは自律神経の乱れに繋がります。
自律神経が乱れると血行が悪くなって新陳代謝が落ちるので、
肌のターンオーバーにも影響が出ます。
ニキビの悩みを深刻に抱えることは、かえってニキビを悪化させる要因になり兼ねません。

十分な睡眠や適度な運動、ストレス発散するよう心掛けましょう。

ストレスによる肌荒れ対策 3つのアプローチ

ターンオーバーが遅くなる要因

1. 肌を清潔にしていない(洗顔が疎かで不十分)

洗顔は肌表面の古い角質を自然に剥がす役割をしています。
丁寧に洗顔することで、肌に負担をかけず無理なく角質を落とすことができます。

水洗顔だけだと不十分で、古い角質を落とせていない場合があります。
逆に、ゴシゴシとこすったり洗顔をし過ぎるとターンオーバーを早めてしまうので、注意が必要です。

洗顔は朝晩1回ずつ、洗顔にあまり時間をかけず、正しい洗顔を行うよう心掛けましょう。

スキンケアの基本となる、正しい洗顔方法をご説明します。

2. 油性のクリームや化粧品の使用

油分の多いクリームや化粧品をやたらと使用すると、
肌表面の角質を剥がれにくくしてしまいます。
肌の乾燥が気になって重ね塗りや頻繁に塗っていると、ターンオーバーの妨げになりかねません。
角質が溜まって固くなった肌の表面は、塗布した化粧品の浸透性が悪くなります。
更に、塗布した油分などが肌の表面に残って酸化し、その汚れがニキビを招いてしまいます。

使用方法を守り、適量適度に塗布するようにしましょう。

3. ホルモンバランスの乱れ

女性にみられる症状です。
女性ホルモンは美肌のホルモンとも呼ばれ、体内で多く分泌されればされる程、
ターンオーバー促進に影響し美肌を作ってくれます。

生理前の女性ホルモンの乱れや女性ホルモン分泌が減少(生理不順などを起こす)すると、
ターンオーバーの促進力もなくなって遅くなります。

4. 加齢

加齢が原因でターンオーバーが遅くなることは稀なのですが、
皮膚を作り出す細胞も老化して働きが疎かになり、
保湿成分を十分に含まない乾燥した角質が肌表面に溜まります。

この影響でニキビに発展することはなかなかありませんが、
毛穴の開きやタルミ、シワ、シミの誘発を招きます。

ヒアルロン酸やセラミドなどを含む化粧品で保水力を高め、
肌の表面を柔らかくするようにしましょう。

ニキビやニキビ痕の悩み解決の糸口は、ターンオーバーの正常化

ターンオーバーが乱れてしまう要因は様々ですが、
規則正しい健康的な生活を送ることがまず一番の近道です。
簡単で単純なことのようですが、毎日続けることはなかなか難しいはずです。

それを補う手段として、サプリメントや化粧品などを取り入れることも大切でしょう。

しかし、過剰な摂取や使用はかえってターンオーバーに影響を与えることもあり、
ニキビの悪化を招く恐れがあります。
必ず使用方法を守り、ターンオーバーの妨げにならないよう心掛けましょう。

ニキビ痕は、肌に傷ができたことと同じ状態です。
ターンオーバーは28日間という周期があることから、傷はすぐに消せるものではありません。
ニキビ痕の状態によっては、皮膚の深くにまで傷が及んでいる場合もあります。
また、ニキビ痕ができてしまった時期が古い程、消えるのに時間がかかります。

時間をかけて徐々に薄まっていくことを目標に、正常なターンオーバーを続けることを心掛けましょう。