気になるゴワゴワ・ザラザラ肌をツルツルたまご肌へ

ゴワゴワ・ザラザラ肌を解消したい!

洗顔やスキンケアをする時、またはメイクをする時によく気付くゴワゴワ・ザラザラとした肌。
特に小鼻やアゴ、フェイスラインがガサガサと気になっている方が多いと思います。

毎日きちんとお手入れしているのに、お肌を清潔に保っているのに、どうしたらいいのかわからない!
ゴワゴワ・ザラザラした箇所は化粧のノリが悪くてヨレる!

ゴワゴワ・ザラザラ肌のお悩みの原因と、ツルツルたまご肌への解決方法をご紹介します。

なぜゴワゴワ・ザラザラ肌になるの?

ゴワゴワ・ザラザラな肌になってしまう原因や環境は様々です。

  • 寝不足気味や徹夜明けの時
  • 花粉の季節
  • 季節の変わり目
  • ジメジメとした梅雨の時期
  • 夏バテや日焼けをした時
  • エアコンやクーラーなどにあたり過ぎた時

など

これらの原因で共通して起こることが、お肌の乾燥とターンオーバーの乱れです。

通常、正常なお肌はおよそ28日周期(個人差による)で細胞が新しく生まれ変わり、
古い角質(垢)が皮膚の外へと剥がれ落ちていきます。
これを、ターンオーバーと言います。

しかし、お肌が乾燥したりターンオーバーが乱れると肌の新陳代謝が正常に行えず、
本来なら自然に剥がれ落ちる古い角質が肌表面に積み重なっていきます。
そして皮膚に厚みが出てお肌のキメが粗くなり、ゴワゴワとした手触りになります。

また、このターンオーバーの周期は加齢と共に遅くなります。
20代前半でおよそ28日だったのが、
50代になるとその2倍もの日数がかかると言われています。

汗などでベトベトして乾燥肌でもないのにゴワゴワ・ザラザラ肌になってしまうのは、
過剰に分泌された皮脂が毛穴に溜まり、
そのかたまり(肥厚)が蓄積された状態になるからです。
主におでこや小鼻、アゴなど毛穴の開きが目立つ場所に起こります。

 

逆に、紫外線などの刺激で肌表面の細胞が壊され、
その壊された細胞を補おうとターンオーバーが早まる場合があります。
ターンオーバーが正常な周期より早まると、
生まれ変わったばかりの細胞が育っていない状態で肌表面に押し上げられてしまいます。
その結果、コラーゲンなどが十分に蓄えられないその幼い細胞は非常にもろく、
ボロボロと肌表面で壊されたり乾燥してしまい、
ザラザラな状態となります。

 

ツルツルなたまご肌を手に入れるには

ゴワゴワ・ザラザラ肌をケアしてたまご肌になるためには、3つの習慣を心掛けるだけ!

以下の3つの習慣をご紹介します。

洗顔前にメイク落としを

毛穴に肥厚を溜めないよう皮脂(油)を落とすには、メイク落としが有効です。

メイク落としの役目はメイクや汚れを浮かせて落とすこと。
その原理で、毛穴などに溜まった汚れや皮脂も浮かせて落としてくれます。

メイクをしていない日でも、男性も、朝の洗顔でも、皮脂が気になる時は是非、
メイク落としを行ってから洗顔をしてください。

メイク落としには様々な種類がありますが、
オイル系やシート系のクレンジングはおすすめしません。
汚れを浮かせて落とすどころか、毛穴にクレンジング成分の油が入ってしまい落としきれず、
残ってしまう可能性が高いからです。
なるべくオイルの配合量が少ないクレンジグを選びましょう。

 

また、メイク落としの後には必ず、
よく泡立てた洗顔フォームや石鹸などで洗顔を行いましょう。
メイク落としの成分がお肌に残ってしまうと、
毛穴に皮脂が溜まる『肥厚』の原因になります。

たまご肌には乾燥大敵なので、
なるべくつっぱり感が気になるような石鹸ではなく、
洗い上がりがしっとりするような、
潤い成分が配合されたものをしようするとよいでしょう。

ただし、過剰な洗顔は肌の乾燥化をまねくので、注意しましょう。

スキンケアの基本となる、正しい洗顔方法 ← 洗顔方法については、こちらのページを参考にしてください。

スキンケアはとにかく保湿

洗顔後のお肌は余分な皮脂がとれ、
水分が浸透しやすい状態になっています。
洗顔の水分を柔らかいタオルで軽く拭き取った後は、
化粧水または美容液をたっぷり付けましょう。

保湿には、
ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド、エラスチンなどが有効です。
これらの成分は、ツルツルなたまご肌の条件でもある

  • 外部の刺激を防ぐバリア機能
  • 肌内部に水分を保持させ乾燥を防ぐ力
  • 弾力・ハリ・ツヤを出す

などの効果があります。

また、クリームやオイル系等の使用は避けましょう。
毛穴に溜まって肥厚になる可能性があるので、なるべく油分のないスキンケア製品を選びましょう。

保湿力に特化したフェイスマスクや保湿パック、
十分に浸したコットンで優しくパッティングをすると、より効果があります。
ただしその際、使用方法には十分に注意してください。

フェイスマスクや保湿パックなどは、
説明書記載の使用時間内だけにしましょう。
使用時間以上行うと、シートが乾いたりしてかえって乾燥させてしまうことがあります。

コットンも、水分が抜けてしまった状態でのパッティングは
肌に負荷がかかるため注意してください。
なるべく乾いてきたなと感じる前に、
化粧水等をこまめにコットンへふくませてください。

 

生活面の改善もたまご肌への近道!

バランスのとれた食生活や睡眠、適度な運動も
ツルツルたまご肌になるための近道です。

肌のターンオーバーには、体の内側からも健康的な状態でなくてはなりません。

ビタミン・ミネラル・タンパク質・食物繊維などの栄養素をバランスよく摂り、
十分な睡眠を行うことでホルモンバランスが整えらます。

ストレスや便秘を解消するのも、肌の調子を整えるのに必須な条件。
体の老廃物がうまく排出されず新陳代謝の妨げになり、
ホルモンバランスが崩れて肌の調子に影響が出る要因になります。

これらを解消することで、ターンオーバーが正常に行われるようになり、
ハリやツヤのある健康的な肌へとなります。

余計な皮脂が出ないためにも、適度な運動は欠かせません。
普段から軽く汗をかき、たっぷりと水分補給することで、
体内のデトックス効果を促し代謝を上げます。
ただし、年中どんな日差しでも肌内部にあるコラーゲン等を破壊してしまうので、
外出の際は必ず日焼け対策を行いましょう。

 

ゴワゴワ・ザラザラからツルツルたまご肌へ

ゴワゴワ・ザラザラを解消してツルツルとした肌になるためには、
日頃の洗顔、スキンケア、日常生活を改善して
肌のターンオーバーをしっかり行わせることが第一に大切です。

ピーリングやパックなどでゴワゴワ部分を強制的に削ぎ落とすものもありますが、
それは一時的にツルツルになるだけ。
土台である肌が健康的な状態でないなので、
皮膚に厚みが出てしまったり肌の乾燥を早めてしまう恐れがあります。
その結果、再びゴワゴワ・ザラザラな肌に、という悪循環になります。

肌に負担をかけないよう、
ケアの基礎を見直して根本から見直せば、
トラブルのないツルツルなたまご肌が持続します。

毎日のお手入れと生活面の改善を心がけてみてはいかがでしょうか。