男性にもクレンジングは必要か? 化粧はしません

男性もクレンジングを使った洗顔をお勧めします。

本来は、男性にこそクレンジングをしていただきたいと思います。

男性の肌は女性と比較してキメが粗く皮脂分泌も多いので、
1日の終わりには顔がヌルヌルになっている人も多いと思います。

男性のスキンケアの意識が高まってきたと言われていますが、
ちゃんと正しい洗顔をしている人はどれくらいの割合でいるのでしょうか?

皮脂をそのままにしておくと、酸化してお肌のトラブルの原因になりがちで、
鼻のボツボツ(角栓)やニキビなどができやすくなったりしますので
過剰に分泌された皮脂をそのまま放置することも良くありません。
しかし、過剰な洗顔も禁物なのです。

なんでも洗い落とせば良いというものではない

「よし!皮脂を洗い落とせばいいんだな!」などと考えて
洗浄効果の強力な石鹸やスクラブ入りの洗浄剤を買ってみたりしがちなのが男性で、

界面活性剤を多用した洗浄剤で顔を洗ったり、石鹸やスクラブ入りの洗浄剤で顔をゴシゴシこすったりして、皮脂が完全に洗い流されてしまい、お肌がツッパった状態で
「あぁ〜、さっぱりした」とホクホク顏の人もいるかもしれません。

そんな人は、ホクホク顏のとき急速にお肌から水分が抜け出して乾燥状態になっているのに気づいていません。
そして皮脂がより多く分泌されることにつながり、翌日は皮脂のヌルヌルがさらにアップしているのです。

皮脂は割としつこい、だから男性もクレンジング

逆に、余分な皮脂をちゃんと洗い流していない人も多く見かけます。

皮脂は意外と落ちにくいもので、衣類の黄ばみやシャツのエリの汚れなどは洗濯しても落ちにくいことがそれを示しています、特に男性は男性ホルモンの影響で皮脂の分泌が多く、落とそうと思っても残ったりしがちです。

そこで余分な皮脂をしっかり洗い流して、必要な皮脂まで洗いすぎないために、クレンジング剤を上手に使っていただきたいのです。

男性視点でのクレンジング剤の選び方

やさしく洗っても毛穴の汚れを浮き上がらせて吸着するタイプを選びましょう。
体温で乳化するジェルタイプのクレンジング剤がおすすめです。

クレンジング剤の使用量が多すぎると皮脂となじまずに洗いにくくなりますし、少なすぎても肌に摩擦の負担がかかるので、必ず適量と使用方法を守ってください。
また絶対にゴシゴシこすらないこと! 優しくなじませるようにジェルを伸ばしていけば、余分な皮脂が浮かび上がって、水で洗い流せる状態になりますので、ここでもゴシゴシこすらずに水を顔に叩きつける感じで摩擦をかけずにクレンジング剤を洗い流してください。

クレンジングのあとは優しい泡洗顔 がおすすめ

クレンジング剤は「浮かせる」ことに特化していますので、クレンジングだけでは皮膚は綺麗に洗浄できません。
また、クレンジング剤が残ってしまうことも肌トラブルの原因になりかねませんので、面倒でも「W洗顔」が必要になります。

クレンジングのあとは洗顔料を使い、クレンジングでは落ちない汚れやクレンジング剤を洗い流してください。

ここでも、ゴシゴシは厳禁です。洗い過ぎになりやすく、肌の潤いを保つ大切な成分が洗い流されて乾燥しますし、皮脂が過剰に分泌されて皮脂詰まりの原因になったりします。

おすすめはキメの細かい泡で、皮膚を転がすように洗う「泡洗顔」です。

手でこすらずに泡だけで汚れが落ちるのか不安になるかもしれませんが、必要な皮脂や潤い成分を残したり、摩擦をかけずに洗うという点では泡洗顔がベストです。

また、細かな泡が毛穴の奥まで入り込んで優しく洗い上げてくれます。

まとめ

肌の負担が軽いもので、余分なものはしっかり落とし、必要なものは残す。

特に男性は皮脂の分泌が多いので、優しく「クレンジング」+「泡洗顔」で継続していけば、次第に皮脂の過剰な分泌もおさまってきます。

夕方以降の顔のテカリや鼻のブツブツが気になったら、ぜひ男性でもクレンジングをやってみてください。